• ストレスの多い現代社会。

    ストレスの反動が体のあちこちにあらわれます。

    女性はお肌や肩こりに、男性は髪に…。

    以前、身内の男性が円形脱毛症になってしまいました。

    上級管理職になって、ストレスが増えたのが原因だったようです。

    円形脱毛症は時間がたつと治るので絶望的に悩むことはなかったらしいですが、それでも治るまでは苦痛だったそうです。

    わりとイケメンですので、「イケメンに10円はげはキツイなあ」

    と、身内なだけに気の毒でありました。

    別に「ブサイクなら10円はげでもオッケー!」

    と思っているわけではないですが…。

    ストレス性の円形脱毛症は治るものの、やっかいなのは男性型脱毛症(AGA)です。

    AGAがなかなか治らないのは、世界中に薄毛、無毛の男性がゴマンといることから、容易に想像がつくでしょう。

    つむじが薄くなったり、生え際が後退したり、その症状は様々です。

    つむじから症状があらわれるケースでは、自分では気づきにくい場所だけに、人から指摘されてショックを受ける場合が少なくありません。

    ショックを受ける場合、心の準備が有るのと無いのでは、その大きさがまるで違います。

    家族から「お父さん、つむじが…」

    と言われ、おそるおそる、鏡を2つ使って見たときのショックは凄かった、と某氏は言っておりました。

    「わしのヘアースタイルがザビエルになってる」

    と思ったそうです。

    子どものころ、「ばーか、ばーか、はげ~」

    と悪口を言われても、はげていないので気にしなかったそうですが「本当になってしまうとシャレにならんなあ(苦笑)」

    とも言っておられました。

    AGAがつむじから進行するのは血行不良が原因の一つのようで、マッサージが対策として有効です。

    さらに育毛剤を利用すると、効果が上がるでしょう。

    こちらに評判の良い育毛剤が紹介されています。

    ぜひ、ご覧下さい。

    つむじ部分のはげに気付いてしまった時はチェック

    またこの際、血行不良を起こす生活習慣を改めてみることをオススメします。

    ほどほどのお酒は良いのですが、深酒は良くありません。

    タバコも血行を悪くします。

    お酒にタバコ、ひとときの安らぎを得られるものではありますが、そのために髪を失っても、あなたはよろしいのですか?